【初心者必見】30歳投資未経験から3年間運用してみた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
投資に成功

こんにちは。ツバサです。
今回の記事では、僕が30歳投資未経験から少額での投資を開始して、3年間運用した結果どうなったか?や今だからわかる最初に始めるおすすめの投資方法を紹介したいと思います。

僕が30歳の時は、世界一周の旅から帰ってきたばかりでお金もない状態で、少しずつ投資にお金を投資に回して、投資額を増やしていきました。

なので、以下の方におすすめの記事になります。

  • これから投資を始めたい方
  • 投資はまとまったお金がいると思っている方
  • 投資する前に、運用している人の情報を収集してみたい方
  • 短期視点で大きな利益を得るのではなく、長期間で利益を確保する

投資実績を紹介した後、おすすめの投資方法をランキング形式で紹介させて頂きます。

30歳の投資未経験から3年間運用してみた結果

現在、僕は下記のサービスを使って投資を行っております。

  • 積立NISA(一定額まで税金免除で投資可能な投資方法)
  • 投資信託(投資のプロが運用してくる商品を購入する投資方法)
  • 個別株(自分で会社の株を選んで買う投資方法)
  • Wealth Navi(AI(人工知能)が運用してくれる商品を購入する投資方法)

初心者の頃からいろいろやってみましたが、最終的にこの方法に落ち着いていて、これからもこの4つを使って投資をしていこうと考えております。
*各投資手法は()の中のイメージと思ってください。

では、早速2020年12月末時点での実績を紹介します。

実績紹介

積立NISAの実績

2020年12月積立NISA実績

投資信託の実績

個別株の実績

2020年12月個別株運用実績

Wealth Naviの実績

2020年12月WealthNavi実績

このように全体的に上手く進んでおりまして、トータルで下記の成績となります。

投資額評価額含み益
3,790,733円4,402504円611,771円

61万円程の利益が出ていて、運用利率が16%強くらいの成績となります。

ちなみに、「投資額 = 投資商品を購入した金額」、「評価額 = 投資商品の現在の値段」、「含み益 = 現在売却すると得られる利益額」という意味です。

含み益を確定させるには、購入した投資商品を売却する必要があるのですが、僕はこれからも長期で保有するつもりですので、含み益は確定したものではありません。

投資をする際の考え方

投資をする上で、私が大切にしていることは2つです。

  1. 余剰資金で投資を行う事
  2. 長期視点で投資する事

僕はこの2つの事が未経験・初心者で始める時に必須だと思ってますので、解説します。

「余剰資金で投資を行う事」

未経験・初心者で投資を始める際に気を付けた方がいいのは、「生活で使うお金」や「すぐに必要になるお金」を投資に回してしまうパターンです。

なぜ余剰資金以外で投資するのが良くないかと言うと、例えば投資額が相場の動きでマイナスになっている時に、お金が足らなくなった時の事を考えて下さい。

財布が空っぽになる

お金が足らないので、マイナスに評価されているものを売却して、現金化する必要があります。
そのまま投資していれば今後プラスに伸びる可能性もあるのに、待てない状態になってしまうのです。

僕が投資をする上で大切だと考えているのは、「お金を引き出す」タイミングを自分で管理する事なので、余剰資金で投資を行うのは必須です。

では、余剰資金をどのように投資していくかについては、次の項目です。

「長期視点で投資を行う」

長期視点で、コツコツと購入し続ける事が大切です。
長期視点で定額購入していく投資手法をドルコスト平均法と言います。

ドルコスト平均法はざっくりですが、こんな感じの理論です。

「毎月5000円分の投資商材を購入すると、商品の値段が高い時は少なくを、安い時は多く買えるので所持している商品の平均価格を下げられる。なので、将来的に相場が右肩上がりなら少ないリスクで利益が得られる」という考え方です。

ドルコスト平均法に関して記事を書いてますので、気になる方はどうぞ!

ちなみに、Wealth Naviの過去分析という予測を使うと、2008年からコツコツ投資していると2020年にどうなっているか?が見れるので、紹介しておきます。

020年12月Wealth Navi 過去予測

このように、599万円の元本が1009.6万円になっております。
410万円程利益が出ているということです。

ただ、20008年とはリーマンショックが年で、そのあと日本は安倍政権になり株価の爆上がりが起きて、超右肩上がりの株価成長をしたタイミングなので、これからどうなるかはわかりません。

まとめると、最初に○○万円を一気に入れるような投資方法を行うよりも、例えば10万円余剰資金があるなら10回に分けて毎月10,000円の投資を行ったり、20回に分けて毎月5,000円の投資をコツコツ長期間行った方がいいと考えてます。

10万円を10か月~20か月で投資している間に、新たに余剰資金を10万円プラスできれば、月々の投資も継続できるので、余剰資金を長期目線で投資してみてはいかがですか?

初心者におすすめの投資商材ランキング

ここでは、初心者や未経験の方が余剰資金を長期で投資するのにおすすめの方法をランキング形式で紹介します。

まずは、第1位から

第1位 積立NISA

積立NISA

投資を始める上で、何よりもおすすめなのが積立NISAです。
年間40万円まで税金免除で投資が20年間可能な商品です。

積立NISAは、積立NISAに対応した投資信託(プロが運用してくれるやつ)を買って非課税枠で投資を行います。
また、2021年の春からは、Wealth Naviも積立NISAの対象になるので、利用できる幅が増えます。

月間33,333円が最大投資額で、2037年までに運用開始することで、20年間非課税のメリットが受けられるので、月3万円強の投資が可能であれば、積立NISAを最初に利用するのがおすすめです。

初期費用| 0円
月額費用| ~33,333円

第2位 投資信託

第2位は投資信託です。
投資信託のメリットは、プロが運用を行ってくれることです。

ただ、プロに運用を行ってもらう代わりに、信託報酬を払う必要があります。
信託報酬は、投資信託の画面で確認できるので、見てみて下さい。

報酬額が高すぎると利益を潰してしまうので、商品の種類にもよりますが、1%以下の物を選んだ方がいいです。

また、投資信託は種類にもよりますが、100円くらいから買えるものも多いので、手軽に始められる点もおすすめです。

このように手軽に少額から投資が始められるのが、投資信託のおすすめな点です。

初期費用| 0円
月額費用| 100円~

第3位 Wealth Navi

第3位はWealth Naviです。
Wealth Naviは、AI(人工知能)が投資を行ってくれるサービスで、僕は全ての投資をAIに任せています。

自分で決めれるのはリスク許容度で、Wealth Naviのアンケートのような診断を受けてリスク許容度を決めます。
*診断は無料で受けられます。(Wealth Naviの無料診断)

僕はもともと、リスク許容度4で投資を行っていて、5に変更したのですが、4と5の違いは、投資対象の割合で、リスク許容度が上がると株式の比率が上がるようでした。

後は、月々10,000円以上の投資金額を設定するだけなのですが、Wealth Naviは10万円の初期投資が必要になります。(この点が3位の理由です。)

ただ、初期費用が捻出できさえすれば、その後は複数の金融資産に資金を分配してくれるので、資産をたくさんの場所に置くことで、リスクを回避することができます。

僕のWealth Naviでのポートフォリオ。

WealthNaviの投資ポートフォリオ

また、リバランスと言って、経済の動向次第で買い替えを行ってくれる点もWealth Naviの良いところだと考えております。

初期費用は掛かりますが、投資を行う上での資産の分配の為にWealth Naviを使う事はおすすめです。

初期費用| 100,000円
月額費用| 10,000円~

第4位 個別株

第4位が個別株です。
個別株は、トヨタやユニクロなどの上場している大きな会社の株を購入する制度で、100株単位で売買される事が一般的です。

例えば、1株100円の株を買おうと思うと、100円×100株=10,000円必要と言うことです。

1株の金額は、会社によるのですが、200円くらい~50,000円くらいまでかなり幅があるので、初期費用がそこそこ掛かります。

また、証券口座のプランにもよりますが、購入手数料がかかるものが多いので、定額で購入する事にはあまり向いていないように僕は感じてます。

僕は、最初の方はテーマ投資で少額で個別株投資を行っておりました。

テーマ投資をざっくり言うと、複数の銘柄を100株単位ではなく1株とかから、5万円~のセットになった形で購入できるサービスです。

テーマ投資とはこんな感じのサービスです。(SBI証券のテーマキラー参照)

「テーマキラー!」は、「自動運転」、「人工知能(AI)」、「インバウンド」といった旬のテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができる新感覚の株式投資サービスです。

「テーマキラー!」は、売買単位に関わらず1株から取引できる単元未満株(S株)を活用しており、10銘柄への分散投資が5万円から手軽に始められます。「購入コース」として、5万円、10万円、20万円、30万円の4コースを用意しており、お客さまは「購入コース」を選択することで、有望企業で構成されたポートフォリオに簡単に投資することができます。

SBI証券テーマキラー

この投資手法を使うと、購入コストは下げれるのですが、株主になることで得られる株主優待が受けれない点が難点なんので、僕は途中から、株主優待目当ての投資に切り替えました。

おすすめの株主優待を紹介しておきます。

個人的に最高の株主優待だと思う株式「イオン」

上記の状況から、僕は個別株は株主優待がめちゃくちゃ便利!もしくは、この会社を応援したいみたいなところから、個別株の売買は初めて見ればいいのかなと考えているので、初心者や未経験の人にはあまりお勧めしません。

初期費用| 20,000円くらい~
月額費用| 0円

まとめ

このように、4つの投資手法を説明してきましたが、僕が初心者・未経験者におすすめの投資方法は、「余剰資金」で「長期投資」を行う事です。

また、運用をどこかに長期で任せている事は「自分で売ったり買ったりするわけではないので、値動きを気にしなくてもいい」と言うメリットもあると思ってます。

株価の値動きを確認

僕もそうなのですが、個別株を買ってしまうと、値動きに一喜一憂してしまいがちで、1日の中で結構値動きを確認してしまいます。
*友達の中には、仕事中ずっと値動きの画面を見ていたやつもいました。(笑)

そこを長期投資、定額の資金を余剰資金で投資を行う事で、ある程度放置できるのが良いと思います。

これを機に、毎月定額投資を実践してみては如何でしょうか?

投資信託を買う上で必要なキーワードを説明する記事も作ったので、こちらをどうぞ

今後の投資実績も下記のページで紹介してますので、良ければ見てみて下さい。

ツバサの投資実績大公開!

ツバサの投資実績公開YouTube

最後まで見て頂きありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*