【まとめ】千葉県船橋市の妊娠・出産助成についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ツバサです。
今日は昨日の妊娠・出産の助成の記事に引き続き、僕が住んでいる自治体の情報をまとめておきたいと思います。

基本的には船橋市のHPの妊娠・出産のサイト情報から必要な情報を抜粋したような記事になります。

妊娠確定後に必要なこと

妊娠確定後にまず必要なことは、母子手帳の取得です。
医療機関・助産所で診断を受け、妊娠の確認ができた後に市役所もしくは保健センターに訪問することで、母子手帳をもらうことができます。

その際に、マイナンバーカードもしくは通知カードと免許証が必要です。
*代理で行く場合は、嫁の書類と代理人の身分証明書が必要。
母子手帳の中に妊娠検診費の助成を受ける為の「妊娠一般健康診査受診票」が入っているので、後は医療機関で提出するだけです。

妊娠検診費の助成に関して

下記の場合は費用補助の対象にならないので、気を付けましょう。

  • 船橋市から受診票を交付される前に受診した妊娠検診
  • 妊娠判定の診察
  • 健康保険適用便の検診
  • 出産後の検診

標準的な妊娠健康診査の受信時期・回数は下記です。

  • 妊娠初期~23週まで 4週間に1回
  • 妊娠24週~35週まで 2週間に1回
  • 妊娠36週~出産まで 1週間に1回

受診できる健診機関

千葉県内の医療機関(産科、婦人科)、助産所。
県外の医療機関・助産所も船橋市と契約を結んでいれば利用ができる。

また、船橋市と契約をしていない県外の医療機関や助産所で健診を受ける場合も、必要書類を提出すれば償還払いの制度を利用できます。(全額助成ではなく、公費負担の範囲内)

県外の医療機関・助産所を利用する場合の手続き

  1. 船橋市との契約の有無を地域の保健課に確認する
  2. 契約がある場合は助成が受けられる
  3. 契約がない場合は、健診の受信前に医療機関・助産所の担当者に契約をお願いする。→契約不可の場合は別途「妊婦・乳児健康検査費用助成制度」の申請が必要(047-409-3274 船橋市保健所 妊婦・乳児検診担当宛て)

乳幼児の医療費助成

続いて乳幼児の医療費助成に関してです。
この制度は子供が生まれた後の物なので、ちょっと気が早いと思いますが、まとめて調べてしまいます。

助成対象 船橋市に住民登録があり、健康保険に加入している子供の医療費

0歳~中学3年生まで
入院:1日300円
通院:1回300円
調剤:無料

受給券交付申請の必要書類

  • 印鑑
  • 子供の健康保険証コピー
  • マイナンバーカード(個人番号が記載されている住民票も可)

書類提出後、2週間くらいで受給券が届くようです。

その他(船橋市の妊娠・出産の助成制度)

産婦健康診査の費用助成

■助成対象

  • 健診受信時に船橋市市民であること
  • 受診結果が船橋市に提出され、産後の支援に活用されることに同意できる人

■時期・助成内容

出産後、2週間と1か月後の各1回ずつ2回まで。(1回5,000円までが上限)

■参照ページ

船橋市産婦健康診査についてのページ

不妊治療医療費助成

船橋市は不妊治療の助成制度も複数あるので、紹介しておきます。
詳細は市のHPに記載されているので、確認下さい。

一般不妊治療等助成事業について

船橋市特定不妊治療費助成について

以上、船橋市の妊娠・出産の助成制度についてまとめてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*